ホーム > BLOG

第4回 日本アライナー矯正歯科研究会」のミーティングが東京大学 伊藤謝恩記念ホールで行われ、12月7日〜8日の2日間参加してきました。 [2017年12月08日]

第4回 日本アライナー矯正歯科研究会」のミーティングが東京大学 伊藤謝恩記念ホールで行われ、
12月7日〜8日の2日間参加してきました。
アライナー矯正歯科つまり、マウスピースの透明樹脂で作成されたアライナーで歯並びを
補正していく矯正治療、その研究会です。
講演にはアメリカ、コネチカット大学矯正歯科のナンダ教授。伊のトリノ大学のガリノ先生。仙台の菅原先生、
大阪の有本先生、大会長の尾島先生をはじめイタリア、香港、フランス、ドイツ、カナダ、タイ、台湾、
スペインから多数のアライナー矯正のスピーカーのご参加でした。
日本でのアライナー矯正歯科学会の発足は2014年で、アライナー(マウスピース)による矯正治療は
まだまだ新しい分野と言えます。
デジタル矯正治療では、3Dデジタルスキャナー,歯科用CT、写真画像などから得た患者様の情報やデーターを、
PC上のシステムで診断します。
その情報やデーターをもとに、その患者様だけに使用可能なオーダーメイドの矯正装置・診断・ワイヤー・
アライナーなどを作成していきます。
いま、いよいよデジタルの矯正が実現している時代となったと実感しています。
患者様にとって快適な矯正歯科は、術者である私たち矯正歯科医にとっても使いやすく快適であることは
言うまでもありません。
つねに新しい技術を身につけることにワクワクし、矯正歯科を学んでいます。

インコグニト舌側矯正歯科装置のサティフィケートコース東京コースで泉ガーデンタワー42階に来ています。 [2017年11月16日]

インコグニト舌側矯正歯科装置のサティフィケートコース東京コースで泉ガーデンタワー42階に来ています。
新しく導入する矯正歯科医師の先生方のタイポドント(模型の歯並びにワイヤーなどを入れて歯を動かす)実習のお手伝いをしています。
お天気が良くて素晴らしい景色です。
毎回、3Mの住友会館からの良い眺めを見ながらの講習会は、気持ちがリフレッシュします。

マウスピース型矯正歯科装置のアドバンスコースに参加してきました。 [2017年11月13日]

マウスピース型矯正歯科装置のアドバンスコースに参加してきました。
良いお天気の11月12日日曜日に、御茶ノ水・ワテラスコモンホールで、
スタッフと一緒にお勉強です。
 マウスピース型矯正歯科装置の使用には、歯列矯正治療の適応症の判断と、適切な矯正歯科の診断の
力が必須のため、矯正歯科専門の医療機関での受診をお勧めします。
 また現在、マウスピース型矯正歯科装置は医療機器法対象外であり、医薬品副作用被害救済制度の
対象外の場合があります。
 マウスピース矯正では、毎日22時間を目標に、マウスピース型矯正歯科装置・
アライナー(熱可塑性の半透明の樹脂製の歯型から出来たマウスピース)の使用・装着が必要です。
歯を動かすためには矯正歯科医の指示に従い、食事以外はアライナーをほぼ付けっぱなしに装着する
必要があります。
 マウスピース矯正だけで歯並びが治せない場合は、固定式の歯列矯正装置を併用するなど、
治療には万全を期す必要があります。かならず、矯正専門歯科医師の詳しい説明と、診断時の契約書類を
確認しマウスピース矯正を安全に開始しましょう。

インコグニト コアユーザーミーティングに参加のため、品川の3M本社に行ってきました。 [2017年10月30日]

インコグニト コアユーザーミーティングに参加のため、品川の3M本社に行ってきました。

インコグニトは舌側矯正装置で3Dデジタル技術で作成される3M社のシステムです。
3Dスキャナーによる歯の情報から、3Dプリンターで矯正装置と、それを歯に戻すためのマウスピースが作られます。

三次元で矯正ワイヤーがロボットにて曲げられます。デジタルは日々進化しています。

スキャナーの2年前の千駄ヶ谷 中村矯正歯科室での導入から、デジタル化は加速しました。
インコグニトの導入から8年。さらに時代がデジタルを求めて動いているように感じます。
着実に良い流れとして、日頃の診療につながっています。

日本矯正歯科学会の最終日も学びがたくさん。 [2017年10月24日]

日本矯正歯科学会の最終日も学びがたくさん。
札幌市教育文化会館、ロイトン札幌、さっぽろ芸文館の3カ所開催だったのであちこち行き来しました。
学会が終わってから大倉山シャンテのスキージャンプ台に。紅葉が美しくてステキでした。寒かったです。

日本矯正歯科学会に参加してきました。 [2017年10月24日]

日本矯正歯科学会に参加してきました。
北海道 札幌市のさっぽろ芸文館 ニトリ文化ホールの朝9時からの開会式、臨床セミナー講演の会場は立ち見の盛況でした。
「埋伏歯の診断と治療」を拝聴しました。
乳歯から永久歯に生え変わっても、骨のなかに埋まっていて上手く萌出してこない歯を埋伏歯といいます。
埋伏歯は矯正治療で、歯として機能できる位置に誘導する事ができます。矯正治療の適用です。
講演と展示そしてたくさんの先生方と情報交換し勉強になりました。

舌側矯正装置インコグニトのユーザーミーティングに参加してきました。 [2017年10月10日]

 舌側矯正装置インコグニトのユーザーミーティングに参加してきました。

フランス、パリでの3M主催で、ロスチャイルド家の由来のお城のようなステキな会場でした。

 京都 宇治市でご開業の居波 徹先生のご講演を拝聴してきました。

ヨーロッパの白人の矯正時の抜歯は10%。
日本人の矯正時の抜歯は60%(千駄ヶ谷 中村矯正歯科室調べ)。
矯正治療では日本人は抜歯が多く、白人での抜歯はとても珍しいのが現状です。

居波先生は抜歯ケースの見本となるご講演でした。
分かりやすく素晴らしいご講演に、会場からは感嘆の声が聞こえました。

日本人の矯正の先生方の技術は、世界においても引けを取らず、一歩先んじている一流の先生方が多いと感じます。
外国での講演を聞くと実感します。
繊細な治療と歯並びの仕上げの居波先生を目標に矯正治療に励みたいと存じます。
 本日からは、千駄ヶ谷での通常診療を頑張ります。









本日はインコグニト舌側矯正装置の第3回アドバンスコースに参加しました。 [2017年09月07日]

本日はインコグニト舌側矯正装置の第3回アドバンスコースに参加しました。
いつもの会場の住友会館は泉ガーデンタワー42階で眺めが良いです。

インコグニトはドイツ製金合金製の3Dデジタルで作られる「見えない矯正」装置のシステムです。

講習内容は
1:インコグニト舌側矯正装置のデジタル化の新しい流れ。最新のテクノロジー アップデート。
2:デジタル口腔内スキャナーの各社の比較と3M True Definition Scanner紹介
3:オーストラリア舌側矯正歯科学会の報告・メルボルンの矯正歯科クリニック紹介
4:マイクロスクリュー・マイクロインプラントを利用した各種の症例について
5:インコグニトのリスクマネージメント
6:学童期の患者さまの症例
などでした。

いつも、インコグニト舌側矯正装置の講習会に参加して感じることは
インコグニトは常に進化していて、決して立ち止まらない事
患者さまにいかに快適に舌側矯正治療をお受けいただけるかを追求している事です。

インコグニト認定ドクター・インコグニトのコアユーザーとして、常に新しい技術を取り入れて、進化していきたいと思っています。


夏期休暇のお知らせ [2017年08月08日]

日頃、歯列矯正のご理解、ご協力いただき、誠にありがとうございます。
当医院の夏期休暇についてお知らせ申し上げます。
休診日は 8月11日(金)〜18日(金)

8月19日(土)・8月26日(土)診療致します。
今後ともよろしくお願い致します。

インビザライン。というマウスピース矯正の講習会に参加しました。 [2017年08月07日]

インビザライン。というマウスピース矯正の講習会に参加しました。
国際フォーラムで開催でした。

マウスピース矯正で使用するのは薄いプラスチック樹脂製のアライナーです。
マウスピース矯正で歯を動かす場合は、1日20時間を超えるお口の中へのアライナーの使用が必要です。
また、マウスピース矯正ではデジタルでアライナーが作成されるため、適切な診断が必要です。
歯並びの治しにくいお口の方もいらっしゃるので、きちんとした技術を持った、矯正専門で開業している矯正歯科の医院でのマウスピース矯正の受診をお勧めします。

千駄ヶ谷 中村矯正歯科室では各種のマウスピース矯正を承っております。お気軽にご相談ください。
フリーダイヤル0120641820

« 前のページへ