ホーム > BLOG

「先進歯科画像研究会 歯科用CT認定医」の第一回の認定医の認定証が本日、届きました。 [2018年06月05日]

「先進歯科画像研究会 歯科用CT認定医」の第一回の認定医の認定証が本日、届きました。
千駄ヶ谷 中村矯正歯科室の歯科用CTのデジタル画像による矯正歯科の診断に活用していこうと思います。
歯科用CTでは、患者様のお顔・お口の中などのみえるところだけでなく、骨や歯の根っこ・アゴの関節・副鼻腔などの画像を撮らないと見ることのできない内部の情報をデジタルデーターとして確認できます。それらのデジタルデーターから、患者様の歯ならびをより良く治せるように診断し、治療方針に生かして参ります。

インコグニト サーティフィケーション 東京コースに参加して参りました。 [2018年06月02日]

無事に「インコグニト サーティフィケーション 東京コース」の2日間が住友会館 泉ガーデンタワーで木曜日に終了しました。インコグニト システムは3Mスリーエム ジャパンのみえない舌側矯正装置システムの総称です。
 
インコグニトシステムについてご説明します。
・インコグニトシステムでは患者様の歯並びを改善するため、舌側矯正装置・リンガルという歯の裏側からの矯正装置をご使用いただきます。
・インコグニトはドイツ製で、3Dデジタルのフルオーダーメイドで作成します。あなただけの歯にぴったりの装置が出来上がります。
・装置は生体親和性がよい金合金製です。
・装置は見えにくい歯の裏側に付く舌側矯正装置です。
・装置はフルオーダーメイドです。
・コンピューター上でデジタルでセットアップしたバーチャルの歯並びに調整され作られる装置のため精密です。
・装置の厚みが薄く・舌触りが良く発音障害が起きにくいです。
・3Dデジタルロボットが各患者様に適したデジタルワイヤーを三次元で精巧に曲げてくれるので、正確に歯が並びます。またデジタルワイヤーは装置と歯に沿った設計で作成され装置にフィットするため、痛みの軽減につながります。
・患者様の快適性が高い歯列矯正装置です。
・日本からFEDEXでドイツに送られ、ラボで装置が作られます。デジタル化が進み、納期が8週間から6週間に短縮されました。ドイツから税関を通関してFEDEXで戻ってきます。
・クリアプレシジョントレーという三次元デジタルスキャナーで作られたマウスピースにインコグニトの装置がはめ込まれているので、上アゴ14本の歯に5分でお口のなかに矯正装置を付けることが出来ます。まだまだ説明はたくさん有りますが、患者様にとっても術者である矯正医師にとってもメリットの多い矯正装置といえるでしょう。
 
 2日目も矯正歯科医の方々のインコグニト認定Drとなるための実習のお手伝いをしてきました。初日は非抜歯のケース。2日目は抜歯のケースの実習でした。タイポドント(タイポドントとは、インコグニト舌側装置が模型の歯ならびに付いたもの。ワイヤーを入れたり、装置での歯の動きを確認する模型のこと)での装置のワイヤー結紮、動かし方などの実習です。新しいことに挑戦するのは難しく、慣れるまでは努力と忍耐が必要です。自分の身に付けることで次のステップが開けてきます。努力は患者様の快適性につながりますので、日々の地道な努力が肝要です。
 インコグニトシステムは開発が日々進み、常に新しいトピックスがあります。

 歯列矯正装置はデジタル化への進化をし続けています。

本日3Mスリーエム ジャパン主催の みえない舌側矯正装置「インコグニト サーティフィケーション コース東京」が住友会館 泉ガーデンタワーで行われました。 [2018年05月30日]

本日3Mスリーエム ジャパン主催の みえない舌側矯正装置
「インコグニト サーティフィケーション コース東京」が住友会館 泉ガーデンタワーで行われました。
今回も矯正歯科医の先生方が認定Drとなるための、矯正装置の実習のお手伝いをしてきました。
熱心に再度ご受講の先生方の参加が多く、インコグニト システムの普及を感じました。
何度、講師の先生のお話を聞いても新しいトピックスがありタメになります。
インコグニトシステムは生体親和性がよい金合金製です。装置は見えにくい歯の裏側に付く舌側矯正装置です。
ドイツ製の3Dデジタルで作成します。
装置もワイヤーもフルオーダーメイドでコンピューター上でデジタルでセットアップした歯並びに調整され作られるため、装置の厚みが薄く・舌触りが良く・患者様の快適性はかなり高い歯列矯正装置です。
日々、歯列矯正装置は進化し続けています。

4月から始まった春の学校歯科定期検診の3回が本日終わりました。 [2018年05月22日]

4月から始まった春の学校歯科定期検診の3回が本日終わりました。

渋谷区立 原宿外苑中学校の学校歯科医として生徒のお口の中の歯科検診に伺っています。

中学1年〜3年生までの時期は大人に近づく成長期で、乳歯から永久歯への歯の生え変わり時期であると同時に

顎や顔面の成長期でもあります。この中学生の成長期にお口の中の清掃状態(歯みがき)を習慣づけることにより

大人になっても健康なお口の状態で生涯を自分の歯で噛めるようになります。中学生の高学年になるに従い、

歯の周囲に歯垢(食べ物の磨き残しが歯に残ったもの)や歯石(歯垢が歯にくっつき歯みがきで

取れなくなったもの。歯ぐきの炎症や口の中の臭いの原因)が付く生徒が増えてきます。

また、頬杖や同じ向きに寝る習慣があると顎のユガミ(偏位)が生じたり、アゴがカクカクしたりの顎関節症状が

起きやすいです。成長期(20歳前後までは特に)は、アゴの歪みが起きないようにアゴに力を掛けることは

避けましょう。

欧米では歯科医院で自分の歯の汚れを歯科のプロに取ってもらう「歯のクリーニング」を定期的に受診するのが

当たり前の習慣となっています。自分の歯で生涯を過ごし、自分の歯で噛むことは、老化の防止・

アルツハイマーになりにくいというエビデンスがあります。

自分の歯を磨くことを習慣付けて、健康な歯と身体で過ごしましょう。

渋谷区と警察三署(渋谷、原宿、代々木警察署)と渋谷区歯科医師会との多数死体取扱合同訓練に参加しました。 [2018年05月10日]

渋谷区と警察三署(渋谷、原宿、代々木警察署)と渋谷区歯科医師会との多数死体取扱合同訓練に参加しました。
渋谷区歯科医師会では、渋谷区、警察と連携して、死体の本人確認を行っています。本日は訓練でした。
大規模災害時、ご本人と判別するのには、お口の中の照合が確実です。

渋谷区歯科医師会では亡くなった方の歯並びや、歯の数、虫歯治療後の補綴物などの情報を目視と、レントゲン撮影により報告します。

それらを元に身元を判別、鑑定します。
東日本大震災、熊本震災など、大規模災害は日本中で起きています。その時にお手伝い出来るように、訓練して備えています。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、バスケットボールコート
画像に含まれている可能性があるもの:テーブル、室内
自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:2人、座ってる(複数の人)

京都でのデジタル矯正歯科コアユーザーミーティングの勉強会の2日間は、とても充実していました。 [2018年04月09日]

京都でのデジタル矯正歯科コアユーザーミーティングの勉強会の2日間は、とても充実していました。

朝から晩まで歯列矯正歯科のたくさんの学びの機会を得ました。

常に新しい情報や、技術を取り入れることは楽しいことです。

日頃の矯正歯科治療がブラッシュアップできる好機です。

歯列矯正歯科は3Dデジタル化が進みました。今まで見えなかった歯の根っこの情報や、

歯の動かし方がデジタル化で大きく進化し、患者様の矯正治療での違和感やお痛みなどが

格段と減りました。美しい歯ならびへの技術は常に進化を続けています。

デジタル矯正歯科の勉強会が春爛漫の京都でありました。 [2018年04月09日]

デジタル矯正歯科の勉強会が春爛漫の京都でありました。
仁和寺の御室櫻が満開でした
夜遅くまで矯正歯科 談義が続きました。

渋谷地区矯正歯科医会の総会がありました。 [2018年03月31日]

渋谷地区矯正歯科医会の総会がありました。

渋谷地区矯正歯科医会 http://shibuya-kyousei.com/ は渋谷区歯科医師会の部会で、

矯正歯科を専門に開業している矯正歯科医師の団体です。

渋谷地区矯正歯科医会では年3回、渋谷周辺において矯正治療無料相談イベントを開催しています。

矯正専門医の先生方による無料相談です。

日頃から歯並びや噛み合わせを気にしている方、是非お気軽にいらしてください。

東急百貨店東横店ハチ公前広場:2018年07月29日(日)11~16時

西武百貨店B館 正面入口前 :2018年07月29日(日)11~16時

渋谷くみんの広場2018フェスティバル :2018年11月03日(土)11~16時
                   2018年11月04日(日)11~16時

次回の渋谷地区矯正歯科医会の歯ならび無料相談会は2018年7月29日です。

ご相談をお待ちしています。

 

4日間のデジタル矯正診断システムシュアスマイルの復習とスタディ会でした。 [2018年03月17日]

4日間のデジタル矯正診断システムシュアスマイルの復習とスタディ会でした。
2015年12月に始めてアメリカ ダラスのオラメトリックス社でシュアスマイルシステムを二期生として勉強してあっという間でした。

今回シュアスマイル三期生の皆さまが新たに加わってますます賑やかになりました。改めてシステムのアップデートや見直しが出来ました。

シュアスマイルでは、歯、歯肉、歯の根っこなどを、CTとデジタルスキャナー、写真などのデジタルデータを重ね合わせます。

デジタルデータからPC上で患者さまのデジタル情報を扱えます。

矯正診断、矯正装置の装着の3D IDBトレー製作、マウスピース作成、デジタル3Dモデルの作成、3Dシュミレーション、3Dデジタルワイヤーのオーダー、STLファイルのインプット、アウトプットのデータ操作。。など無限のことが出来ます。

歯列矯正歯科の勉強の場が広がり、貴重な体験に4日間の毎日が充実してました。感想は一つ一つが実になり楽しかったー!です。

患者さまの日常診療、診断にまた明日から活用していきます。

デジタル矯正診断システムSuresmileシュアスマイルの三期生のサティフィケートコースで 品川のKavoカボに通って三日目です。 [2018年03月14日]

デジタル矯正診断システムSuresmileシュアスマイルの三期生のサティフィケートコースで

品川のKavoカボに通って三日目です

私達二期生がアメリカ ダラスのオラメトリックス社に伺ってからあっという間に三年。

システムもどんどん改良されて、コンピューターのタブも分かりやすくなりました。

講習が時差なしで快適な環境です。

シュアスマイルでは、歯を根っこが付いた状態で骨の中で動かして歯列矯正の予想をします。

コンピューター上で仮想の診断をし、歯の動きの予想の模型を作って理想の噛み合わせに近づけます。

それに合わせた装置、診断、ワイヤー、マウスピース、3D画像などを自分でコンピューター上で作っていきます。

患者さまが、より快適に3Dデジタル矯正で矯正治療が出来るようにブラッシュアップしています。

« 前のページへ