ホーム > BLOG

5月, 2018年

本日3Mスリーエム ジャパン主催の みえない舌側矯正装置「インコグニト サーティフィケーション コース東京」が住友会館 泉ガーデンタワーで行われました。 [2018年05月30日]

本日3Mスリーエム ジャパン主催の みえない舌側矯正装置
「インコグニト サーティフィケーション コース東京」が住友会館 泉ガーデンタワーで行われました。
今回も矯正歯科医の先生方が認定Drとなるための、矯正装置の実習のお手伝いをしてきました。
熱心に再度ご受講の先生方の参加が多く、インコグニト システムの普及を感じました。
何度、講師の先生のお話を聞いても新しいトピックスがありタメになります。
インコグニトシステムは生体親和性がよい金合金製です。装置は見えにくい歯の裏側に付く舌側矯正装置です。
ドイツ製の3Dデジタルで作成します。
装置もワイヤーもフルオーダーメイドでコンピューター上でデジタルでセットアップした歯並びに調整され作られるため、装置の厚みが薄く・舌触りが良く・患者様の快適性はかなり高い歯列矯正装置です。
日々、歯列矯正装置は進化し続けています。

4月から始まった春の学校歯科定期検診の3回が本日終わりました。 [2018年05月22日]

4月から始まった春の学校歯科定期検診の3回が本日終わりました。

渋谷区立 原宿外苑中学校の学校歯科医として生徒のお口の中の歯科検診に伺っています。

中学1年〜3年生までの時期は大人に近づく成長期で、乳歯から永久歯への歯の生え変わり時期であると同時に

顎や顔面の成長期でもあります。この中学生の成長期にお口の中の清掃状態(歯みがき)を習慣づけることにより

大人になっても健康なお口の状態で生涯を自分の歯で噛めるようになります。中学生の高学年になるに従い、

歯の周囲に歯垢(食べ物の磨き残しが歯に残ったもの)や歯石(歯垢が歯にくっつき歯みがきで

取れなくなったもの。歯ぐきの炎症や口の中の臭いの原因)が付く生徒が増えてきます。

また、頬杖や同じ向きに寝る習慣があると顎のユガミ(偏位)が生じたり、アゴがカクカクしたりの顎関節症状が

起きやすいです。成長期(20歳前後までは特に)は、アゴの歪みが起きないようにアゴに力を掛けることは

避けましょう。

欧米では歯科医院で自分の歯の汚れを歯科のプロに取ってもらう「歯のクリーニング」を定期的に受診するのが

当たり前の習慣となっています。自分の歯で生涯を過ごし、自分の歯で噛むことは、老化の防止・

アルツハイマーになりにくいというエビデンスがあります。

自分の歯を磨くことを習慣付けて、健康な歯と身体で過ごしましょう。

渋谷区と警察三署(渋谷、原宿、代々木警察署)と渋谷区歯科医師会との多数死体取扱合同訓練に参加しました。 [2018年05月10日]

渋谷区と警察三署(渋谷、原宿、代々木警察署)と渋谷区歯科医師会との多数死体取扱合同訓練に参加しました。
渋谷区歯科医師会では、渋谷区、警察と連携して、死体の本人確認を行っています。本日は訓練でした。
大規模災害時、ご本人と判別するのには、お口の中の照合が確実です。

渋谷区歯科医師会では亡くなった方の歯並びや、歯の数、虫歯治療後の補綴物などの情報を目視と、レントゲン撮影により報告します。

それらを元に身元を判別、鑑定します。
東日本大震災、熊本震災など、大規模災害は日本中で起きています。その時にお手伝い出来るように、訓練して備えています。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、バスケットボールコート
画像に含まれている可能性があるもの:テーブル、室内
自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:2人、座ってる(複数の人)