ホーム >BLOG > 「デジタルコアユーザー ミーティング」(旧インコグニト コアユーザーミーティング)で京都グランビアホテルの7階 式部の間での開催に参加しました。

「デジタルコアユーザー ミーティング」(旧インコグニト コアユーザーミーティング)で京都グランビアホテルの7階 式部の間での開催に参加しました。

2019年07月01日

「デジタルコアユーザー ミーティング」(旧インコグニト コアユーザーミーティング)で京都グランビアホテルの7階 式部の間での開催に参加しました。
ゲスト講師の先生はイースマイル矯正歯科の有本博英先生でした。「近赤外線による加速矯正治療の実際」という、いま最も興味のあるマウスピースで歯を動かす、
インビザライン・マウスピース矯正のお話を拝聴しました。
アライナーという歯にはめるマウスピースを作るには、歯をどのように動かしていくかの綿密な設計図が必要です。
矯正治療の診断力がないと、歯を正しい位置に動かせません。つまり、アライン社が提供するマウスピースを装着するだけでは歯は正しい方向には動かないのです。
「インビザライン」の登録商標に代表されるマウスピースを初めて制作したのはアライン社です。アライン社の創設者は、歯科医師でも歯科技工士でもなく、
医療のライセンスを持っていない男女が始めたマウスピース矯正事業です。矯正歯科の診断が伴わないマウスピース矯正は危険です。
有本先生は、きちんとした技術と経験でマウスピース矯正を丁寧に上手く直していらっしゃるので、素晴らしいです。勉強になりました。私も30分ほど発表しました。