ホーム >BLOG > 4日間のデジタル矯正診断システムシュアスマイルの復習とスタディ会でした。

4日間のデジタル矯正診断システムシュアスマイルの復習とスタディ会でした。

2018年03月17日

4日間のデジタル矯正診断システムシュアスマイルの復習とスタディ会でした。
2015年12月に始めてアメリカ ダラスのオラメトリックス社でシュアスマイルシステムを二期生として勉強してあっという間でした。

今回シュアスマイル三期生の皆さまが新たに加わってますます賑やかになりました。改めてシステムのアップデートや見直しが出来ました。

シュアスマイルでは、歯、歯肉、歯の根っこなどを、CTとデジタルスキャナー、写真などのデジタルデータを重ね合わせます。

デジタルデータからPC上で患者さまのデジタル情報を扱えます。

矯正診断、矯正装置の装着の3D IDBトレー製作、マウスピース作成、デジタル3Dモデルの作成、3Dシュミレーション、3Dデジタルワイヤーのオーダー、STLファイルのインプット、アウトプットのデータ操作。。など無限のことが出来ます。

歯列矯正歯科の勉強の場が広がり、貴重な体験に4日間の毎日が充実してました。感想は一つ一つが実になり楽しかったー!です。

患者さまの日常診療、診断にまた明日から活用していきます。