ホーム > 3Dデジタル矯正

3Dデジタル矯正

治療の流れ


1.
光学3Dスキャナーで、お口の中を3Dデジタルスキャンいたします。


2.
歯・歯根・顎の情報を、CTを使い精密に検査します。デジタル情報を、3Dデジタルデータに置き換えます。


3.
コンピューターの3Dデジタルデータから、仮想(バーチャル)の理想咬合を作成します。


4.
Drがオーダーした理想咬合から、ロボットが3Dで精密なワイヤーを作成します。


5.
矯正装置(ブラケット)をセットします。(頬側・舌側装置ともに可)

3Dデジタル矯正とは

千駄ヶ谷 中村矯正歯科室では、 3D デジタル矯正を用いた治療を行っています。

3Dデジタル矯正とは、お口の中を 3D スキャンとCT 撮影することで、歯や歯ぐき・顎などのお口の中をデジタルで再現し、そのデータからより精密で完成度の高い咬み合わせを作る矯正治療です。
アメリカ・ダラスの Orametrix 社の”Suresmile” というシステムを利用しています。

3D デジタル矯正では、矯正治療の診断とワイヤーをデジタルシステムでコンピューター上に再現した歯並びから、より精度の高い理想の咬み合わせを手に入れることが出来ます。

また 3D デジタル情報より、 3D ロボットが患者さんに合わせたワイヤーを曲げます。
ロボットが曲げた精密なデジタルワイヤーを使用することで、より快適で短い期間での矯正治療をお受けいただくことが可能です。このワイヤーは、痛みが少なく、快適に矯正治療をお受けいただけます。
ワイヤー交換も頻繁に行わないため、交換の際に感じる違和感も最小限に抑えられます。

また、3D モデルによるシミュレート診断により、従来の歯列矯正と比較して短期間で治療が進みます。

3Dデジタルで矯正治療することにより、さらに精度が高く、短い期間でより効果的な矯正治療を進めることができます。

シュアスマイルの日本での医院検索はこちら